カードローンを使ってみて

銀行で新しく口座を作った時に、窓口でカードローンもどうですかと言われたので軽い気持ちで申請をしました。数日後には自宅にカードが届き、しばらくは財布に入れてそのままになっていました。それから数か月後に友人の結婚式が続いたことなども影響し、少しお金の余裕が無くなりました。そこでカードローンの存在を思い出し使ってみました。

 

一度使ってしまうとその便利さに感動してしまい、その後は次第に金遣いも荒くなっていったように思います。使い始めてから一年で100万円近くの負債を抱えてしまい、自分ではどうにもできず両親に相談し返済を援助してもらうことになりました。それからはカードローンも解約し、自分の収入の範囲で生活をするようになりました。

 

両親にも迷惑をかけてしまい本当に申し訳の無いことをしたと反省しています。ですがカードローンは借金をするという感覚よりも、もっと手軽なイメージがあり意志の弱い人には向いていないものだと思います。私は意志が弱いためにこういった結果になってしまいましたが、友人の中には上手に使っている人も多いのです。

 

自分でお金の管理をしっかりできる人にはとても便利なもので、私もそうなれたらまた利用したいと思っています。

 

カードローンが便利だった

私は毎月限られた給料で生活しているため、突然の出来事の際にお金が足りないということが何度かありました。その時は兄弟や両親に頼んで貸してもらうことはあったのですが、嫌な顔をされるのが苦痛でした。それでもどうすることもできず、今まではなんとか耐えながらも借りていました。

 

そんな時にカードローンの存在を知り、試しに審査を申し込んだところ使えることになりました。気軽にお金を借りられる分、計画的に使わなければ大変なことになるであろうという自覚が私にはあったので、普段は持ち歩かないようにしていました。

 

その後急な出来事で出費が続き、生活が大変になってしまったためカードローンを使うことになりました。それでも返済が大変にならないようにと最低限の金額だけ借りることにしました。翌月には返済することもでき、自分一人で解決できたことがとてもうれしかったです。家族にも嫌な顔をされず対処できたのは、精神的にもとても助かりました。

 

金利分も借りた金額が少なかったので気になるものではありませんでした。それからも何度かカードローンを使っていますが、計画的に利用すればとても便利なものだと感じています。私もこれからも上手に使って、生活の維持に役立てていきたいと思っています。

 

消費者金融のカードローンを利用したきっかけについて

自分がカードローンを利用した目的は、旅行の資金を調達するためでした。銀行と消費者金融のどちらを利用するのかを検討した時、勤続年数や年収などからも銀行の審査は落ちてしまうかもしれないと感じ、消費者金融のカードローンを利用する事にしました。

 

自分が利用した消費者金融は、始めての利用者は30日間の無利息期間がある会社です。旅行資金は翌月の給料日に全額返済出来る計画を立てていたので、こうしたサービスは魅力的に感じました。また、申し込みをインターネットで行えばお店に行かなくても融資をしてくれるので便利だと感じたなどが利用するきっかけです。

 

早速インターネットで申し込みを行いましたが、入力項目が結構あり、半分面倒に感じましたが、入力内容を確認して送信すると、1時間ほどで審査結果の連絡が入りました。随分と簡単にお金を借りる事が出来るなどと感心しましたが、カードローンを利用する事は借金をする事なので計画的な借り方をしなければならいと思いました。

 

ちなみに、自分が利用したカードローンは利用限度額が30万円、旅行費用で必要な金額は15万円で、翌月の給料が入った時点で、10万円だけを返済し、残りの5万円は翌々月に返済するなどで便利に使う事が出来ました。

参考サイト

  • 借入即日ナビ

    カードローンで即日借入する方法、審査基準や注意点、実際にお金を借りた体験談など。

  •  

  • プロミス審査

    プロミスでの借入契約を検討しているが、審査が通るか心配な人必見です。
    プロミスの審査を受ける前のチェック項目と、注意すべきポイントを紹介しています。